梅の花
家具

万葉集と家具
-飛騨高山の匠の技−

2019年の4月1日に、

日本の新元号が発表されました!

 

あたらしい元号は「令和」(れいわ)

 

元号を発表した菅官房長官のコメントによると、

令和という言葉は、

日本最古の歌集である「万葉集」

梅花(うめのはな)の歌

三十二首の序文からの出典とのこと。

 

みやびな雰囲気の、美しい響きの元号ですね。

 

ちょっとこじつけですが、

万葉集に家具に関わりのある歌がありましたので、

ご紹介します。

 

恋心を飛騨の匠の技に例えた歌

 

万葉集は全20巻あり、

そこには全部で約4500首もの歌が収められています。

 

その中の一首に、こんな歌があります。

 

かにかくに ものは思わず 飛騨びとの 

打つ墨縄のただ一道に

(万葉集巻十一・二六四八番歌 詠み人知らず)

 

飛騨といえば、日本有数の木工家具産地です。

 

上記の歌の解説が

飛騨木工連合会さんのホームページに

記載されていましたので、引用します。

 

奈良時代末頃の成立で、

現存最古の和歌集である『万葉集』巻11に詠まれているこの歌は、

「飛騨人の打つ墨縄が正確無比な一直線であるように、

あれやこれやと浮気はしない、

その打つ墨縄のように一直線に、

だた一筋の道を行くのだ‥」

という想いを込めた恋い歌です。

引用元:飛騨木工連合会ホームページ

 

ちなみに墨縄(すみなわ)とは、

 

墨を浸した糸や縄の事で、

まっすぐな線を引くための道具です・

木材を切る前に、墨の線で印をつけるのに使います。

 

きれいな線を引くには、

糸をまっすぐに張りつめる必要があります。

その張り詰めた糸を指ではじいて線を引くのですが、

一筋の線を引くために集中している職人の姿や

墨縄のまっすぐ迷いのない線と、

好きなひとへのまっすぐな思いが重なる

美しい歌ですね。



現代も活躍し続ける、飛騨の匠の技と家具

 

ご紹介した万葉集の歌にある「飛騨びと」は

おそらく都造りの際に

宮廷や寺院の建築に従事した職人たちの事を

さしているのだと思われますが、

現代で飛騨といえば、曲げ木の椅子が思い出されます。

飛騨・高山では1920年から椅子づくりがスタートしています。

曲げ木の技術が発展し、

職人たちの手でつくられた美しい椅子は

手触りもよくなめらかな曲線が特徴です。

 

また、北欧テイストやナチュラルテイストの

インテリアとも相性が良く、

組み合わせやすい家具が多く存在します。

 

飛騨・高山のおすすめ家具ブランド

 

柏木工株式会社

 

柏木工トップページ

出典:柏木工公式サイト
https://www.kashiwa.gr.jp

 

たくさんのシリーズが展開されていますが、

一貫して「かっこいい」フォルムの柏木工さん。

 

男前系インテリアにも似合いますし、

モダンな雰囲気にも仕上がります。

アイテムとしても

チェアやテーブルだけでなく、

ソファやTVボード、キッチンボードといった感じで

幅広く展開しています。

 

筆者個人的には、柏木工さんの社是が気に入っていまして、

それがこちらです。

「誠実であれ 理想を持て 開拓者であれ」

職人の折り目正しさ大切にしつつも、

新しいことに挑戦していこう!という心意気を感じます。

 

日進木工株式会社

 

日進木工トップページ

出典:日進木工 公式サイト
https://www.nissin-mokkou.co.jp/

 

日進木工さんの家具は

どれも流れるような曲線の美しい。

 

また、椅子生地の組み合わせも

カラフルなのに”ポップ過ぎない”

カラーリングが絶妙で素敵です。

 

日進木工の家具

出典:日進木工公式サイト
ハイバックソファ NBC-420R

 

北欧テイストにもよく合うと思います。

 

まとめ

 

元号の令和から発展して、

ちょっと強引に家具のお話をしてしまいました。

 

飛騨・高山の木工家具は品質もよく、

デザインも他の家具と合わせやすいものが多いので、

長く大切に使えるアイテムが多いと思います。

 

お引越しの際など、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、今日も心地よい暮らしを!

 

1980年生まれ 沖縄出身・東京在住 元インテリアコーディネーター 趣味は写真をとること&たべること 好きなものはパンとコーヒー