画像:沖縄のお土産_35COFFEE(スリーファイブコーヒー)サンゴコーヒー
フード&ドリンク,  ライフスタイル

サンゴで造りサンゴに還す|沖縄生まれの35COFFEE(スリーファイブコーヒー)

沖縄生まれ、沖縄育ちのわたくし。
久々の帰省の際に東京へ持って帰るお土産を探していたところ、素敵なパッケージのコーヒーを発見しました。

それがこちら、35COFFEE(スリーファイブコーヒー)です。

画像:沖縄のお土産_35COFFEE(スリーファイブコーヒー)サンゴコーヒー

35COFFEE公式サイト→https://www.35coffee.com/

沖縄のお土産といえば「ちんすこう」や「紅芋タルト」あたりが有名ですが、ちょっと違ったものを選びたいなーと思っていたところで発見したのが35COFFEE。

35COFFEEはパッケージデザインもさる事ながら、コンセプトもとっても素敵なのです。写真を交えながら、詳しくご紹介していきます。

35COFFEEとは

35COFFEEは、「スリーファイブコーヒー」と読みます。
ここで白状しますと実は私、しばらく「サンゴコーヒー」と読んでいました・・・。ごめんなさい!
通称でサンゴコーヒーと呼ぶ方も多いのですが、正しくは「スリーファイブコーヒー」です。

沖縄県島尻郡八重瀬町に本社を置く、ソーエイドー株式会社さんが運営しているコーヒーロースター。

風化したサンゴを使った独自の焙煎方法を取り入れています。後述しますがサンゴの再生活動にも取り組んでいて、エココンシャスなライフスタイルを提案し続けています。

35COFFEEの取り組み

35COFFEEさんの売上の3.5%は、サンゴ再生プロジェクトに使われています。

具体的には、ベビーサンゴを移植しています。小さなサンゴはやがて小魚たちの棲家とる群衆になり、様々な生物が共生する海の生態系へと育っていきます。

詳しくはこちらからもご覧いただけます。→35COFFEE のサイト「CONCEPT」

コーヒーを購入することで、こうしてサンゴの再生プロジェクトのサポートができる事はとても嬉しいですね。本当に素敵な取り組みです。

35COFFEEの焙煎方法

結構驚いたのが、その焙煎方法。

コーヒーの焙煎といえば、直火焙煎や炭火での焙煎法などがありますが、35COFFEEでは、風化して白くなった骨格サンゴを使っています。

沖縄の海岸を歩いていると、白くなったサンゴが落ちていることがありますよね。(うっかり踏むとめちゃくちゃ痛いアレ)
こういった白く風化したサンゴを焙煎に利用しているのです。

骨格サンゴを200度まで温めて、その熱を利用した焙煎。じっくりと時間をかけて焙煎されたコーヒー豆はまろやかな美味しさを味わえます。

おきなわのサンゴは、件の漁業法で県外への持ち出しが禁止されています。
そのため、この焙煎方法は沖縄でしか行う事ができません。

つまり、沖縄でしか作れない特別なコーヒーなのです。

35COFFEEのパッケージデザイン

とっても素敵なコンセプトの35COFFEE。
それだけじゃなく、デザインもとてもおしゃれ。

モノトーンのシンプルなデザインには、ちゃんと理由があります。

「白」は、焙煎前の風化した骨格サンゴ
「黒」は、焙煎後の風化した骨格サンゴ

その白と黒をモチーフにデザインされています。

35COFFEEの種類

35COFFEEには、3つのタイプのブレンドがあります。

アイランドブレンド

ブレンドした香味に厚みがあり、まろやかな苦みと まろやかな口当たりが特徴のコーヒー。

アイランドスペシャル

こちらは、焦げる一歩手前までローストした苦みや風味が強いハードなコーヒー。氷たっぷりのアイスコーヒーや、ミルクと合わせてアイスカフェラテにするがおすすめ。

J.F.Kブレンド

甘い香りが特徴の、J.F.Kブレンド。コクのあるマイルドな味わいでカフェラテなどにお勧めです。デイリーコーヒーだと、私はこちらが好みかも。

ギフトには35COFFEEテトラバッグがおすすめ

3つのタイプのブレンドをご紹介しましたが、その中のJ.F.Kブレンドには1杯ずつ手軽に淹れられるテトラバッグタイプがあります。
これがお土産やプレゼントにとってもおすすめ!

画像:沖縄のお土産_35COFFEE(スリーファイブコーヒー)サンゴコーヒー

なんてったって、小さくて軽い!笑

ギフトって、つい大きくて目立つものを選びがちですが、持ち帰る側としてはコンパクトなのは嬉しいポイントのはず。これなら持ち運びも楽だし、見た目もおしゃれ!

それにコーヒー好きな人は多いし、お菓子よりも消費期限が長いしでいい事ずくめ。沖縄でしか作れないコーヒーなんて、ちょっと意外だしサプライズ感あっておすすめです。

35COFFEEテトラバッグの楽しみ方

35COFFEEのテトラバッグは、紅茶のようにカップにお湯を注いで抽出することができます。ドリップの手間が省けるし、とっても楽ちんですね。

画像:沖縄のお土産_35COFFEE(スリーファイブコーヒー)サンゴコーヒー
画像:沖縄のお土産_35COFFEE(スリーファイブコーヒー)サンゴコーヒー

さらに、レンチンしちゃうという方法もあります。
パッケージの裏側にはこんな説明書きが。

お湯を沸かすのさえめんどうな時は、レンチンしちゃうのもありですね!

ティーバッグのタグも、とてもおしゃれです。

画像:沖縄のお土産_35COFFEE(スリーファイブコーヒー)サンゴコーヒー

コーヒーを抽出できたら、お好みのお菓子と一緒にどうぞ。

35COFFEEを購入できる場所

35COFFEEは那覇空港、沖縄県のゆいレールの駅や(購入できる駅は限られています)、国際通りのお土産屋さんなどで購入できます。
35COFFEE SHOP LIST

また、沖縄までは行けないけどすぐにほしい!という方、朗報です!
一部、Amazonや楽天等の通販での購入も可能です。

35COFFEEのまとめ

おすすめの沖縄土産、35COFFEEをご紹介してきました。

見た目がおしゃれで、環境にも配慮したエコでサスティナブルなコーヒー。
お土産にするもよし、自分用に楽しむもよし。
そして購入する度にサンゴ再生プロジェクトのサポートができるというのも大きな魅力です。

沖縄を訪れる際の、お土産候補に入れていただけると嬉しいです!

では、今日も心地よい暮らしを!

35COFFEE J.F.K ブレンドテトラバック 1P
35 COFFEE J.F.Kブレンド テトラバッグ10P
35COFFEE J.F.Kブレンドテトラバッグ 10P×3
35COFFEE J.F.K ブレンド200g 1P

1980年生まれ 沖縄出身|インテリアコーディネーター |ブツ撮りが得意 |好きなものはパンとコーヒー