画像:家具のサブスクリプションのデスク・チェアおすすめ記事のトップ画像

【家具サブスクで揃える】リモートワークにおすすめのチェア・デスク

この数ヶ月で、私達の働き方が大きく変わってきていますね。

リモートワークに切り替える企業も多く、急なタイミングで自宅で仕事をすることになった方も多くいらっしゃるかと思います。

満員電車で通勤しなくてもいい!やったー!と喜んだのも束の間・・・。

元々自宅は寛ぐ場所であって、作業環境としては整っていなかった!という方も多いのでは。

これを期に自宅での仕事場所を整えたい!と思っても、家具購入となると出費がかさみますね・・・。

そんなときにおすすめなのが家具のサブスク(定額レンタル)です。

必要な期間、定額料金を支払って家具をレンタルする事により、購入に比べて初期コストを大幅に削減する事ができます。

今回は家具のサブスクリプションで揃えられる、現役インテリアコーディネーターおすすめのデスク・チェアの組み合わせをご紹介します。

そもそもサブスクリプションとは?

サブスクリプション→略してサブスクと呼んでいますが、そもそもサブスクリプションとはこんな意味です。

サブスクリプション【subscription】 製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式。

引用元: コトバンク 大辞林 第三版の解説

そのサービスや商品を利用している期間だけ、一定の金額を支払う方式のサービスです。

定額制レンタル定期購読と言い換えると、より解りやすいかもしれませんね。

家具をサブスクリプションにするメリットって何?

家具をサブスクにすると得られる主なメリットは以下の3つです。

  • 購入に比べて初期費用が安い
  • ライフイベント等に合わせて最適なサイズ・デザインを揃えやすい
  • 手放す時のコストを抑えられる

購入に比べて初期費用が安い

最もわかり易いのは導入の際の初期費用です。

購入すると十万円以上かかる家具も、サブスクであれば初期費用を数千円に抑える事も可能だったりと、急に家具が必要になった場合にはとても助かります。

初期コストを抑えられる分、グレードが高めの家具も選びやすくなるかと思います。

ライフイベント等に合わせて最適なサイズ・デザインを揃えやすい

家族構成が変わったり、引越しなどで間取りが変わったりすると本来ならば家具もそれに合わせて取り替えたいところ。

購入だとやはり費用がかさむため、なかなか入れ替えにくいのが現実だったりします。

サブスクだと期間を決めてレンタルできるのでライフイベントに合わせた家具に変更する事も可能です。

手放す時のコストを抑えられる

家具は一度購入すると手放しにくいもので、生活に変化が出ても捨てるための費用や手間を考えると買い替えにくいものですね。

サブスクなら利用期間が終われば返却すればOK。不要になった家具を回収してくれます。

サブスクは返却費用がかかる場合もあり、手放す費用が全くかからないわけではありませんが、大きな家具を自分で粗大ごみ置き場まで運んだり、手放す家具が多い場合は不用品回収の手配をしたりという手間を省く事ができます。

家具サブスクのおすすめポイントについてもっと知りたい!
という方は、以下の記事も読んでいただけると嬉しく思います。

→家具サブスクを推す3つの理由|持たずに借りるという選択肢

家具サブスクで揃えるリモートワーク/テレワークにおすすめのチェア&デスク

さて、ここからは実際にレンタルする事ができる家具サブスクの商品と組み合わせ例をご紹介していきます!

今回はsubsclife(サブスクライフ)の商品を中心にピックアップしました!

お部屋の広さ・インテリアなどによって様々だと思いますが、使いやすそうなデスクとチェアの組み合わせを数パターンご案内していきます!

【パターンA】省スペースでリーズナブルなオフィスチェア&デスク

自宅にワークスペースを作りたいけど、デスクを置く場所の確保が難しそう…

という方は、こちらのコンパクトなデスクとチェアはいかがでしょうか。

パターンA おすすめポイント

気になる費用はこちら。

デスク ¥1,690 /月
チェア ¥1,070/月

合計 ¥2,760 /月

※2020年4月17日時点、24ヶ月利用の場合
※上記はすべて税込

パターンA サブスク月額料金(24ヶ月レンタルの場合)

デスクのサイズは幅105×奥行き45×高さ74cm
チェアのサイズは幅61×奥行き61×高さ88-96cm

となっています。

多くのオフィスデスクの奥行きが60cm〜70cmなので、奥行きが45cmのデスクはなかなか見つかりません!

とはいえ、奥行きが45cmあればノートパソコンを余裕で置くことが出来るのでご安心を!

少しのスペースでも仕事用とプライベート用のスペースを分けると作業がしやすく、気持ちの切り替えもスムーズです!

【パターンB】しっかり仕事モードなハイスペオフィスチェア&デスク

日中はずっとデスクに向かいっぱなし!
座っている時間がとにかく長い!という方には、こちらの組み合わせがおすすめです。

パターンB サブスク月額料金(24ヶ月レンタルの場合)

パターンBの気になる費用はこちら!

デスク ¥2,500 /月
チェア ¥5,990/月

合計 ¥8,490/月

※2020年4月17日時点、24ヶ月利用の場合
※上記はすべて税込

パターンB おすすめポイント

こちらはしっかりとしたオフィス家具の組み合わせ。

デスクのサイズは 幅120×奥行き70×高さ72.2cmと、モニターやデスクトップPCも置ける広々スペース。

チェアは家具好きならご存知の方も多いエルゴヒューマン!

しっかりと腰をサポートし負担を軽減してくれるランバーサポートや、大腿部や下腹部への圧迫を軽減してくれる前傾チルトを搭載している高機能チェアです。

購入すると十数万円するハイスペックモデルのチェアも、サブスクだと手に入れやすそうです!

【パターンC】ナチュラル系インテリイアになじむオフィスチェア&デスク

デスクやチェアを置きたいけど、事務所っぽくなるのは避けたい…

部屋のインテリアがナチュラルテイストだから、馴染むか心配…

そんな方におすすめなのが、こちらの組み合わせです。

パターンC サブスク月額料金(24ヶ月レンタルの場合)

パターンCの費用はこんな感じ!

デスク ¥1,470 /月
チェア ¥1,290/月

合計 ¥2,760/月

※2020年4月17日時点、24ヶ月利用の場合
※上記はすべて税込

パターンC おすすめポイント

こちらはオフィス感が軽減された、ナチュラルでおしゃれなデスク&チェア。

木のフレームや天板なので、手持ちの家具とも馴染みやすい組み合わせです。

チェアは元々ダイニング用なのでリクライニングなどの機能はついていませんが、座面も背中もクッション性があるものです。

家具サブスクで揃えるリモートワークにおすすめのチェア&デスクまとめ

既にリモートワークを開始しているけど、仕事をする場所としての環境を整えたい!というお声も多く聞こえてきます。

家具サブスクサービスの登場により、購入する以外にもレンタルするという選択肢が生まれたのが嬉しいですね。

subsclifeさんでは、オフィス家具の他にもたくさんの商品を扱っていますので、気になった方はこちらをチェックしてみてください!

>>subsclife(サブスクライフ)公式サイトはこちら

家具のサブスクリプションサービスは、他にどんなものがあるの?思った方は、こちらの記事も併せて読んでいただけると嬉しいです!

>>【6社徹底比較!】家具サブスクリプションって実際どうなの?

これからも、おうちの中で過ごす時間がますます長くなりそうです。

少しでも快適に過ごせるように、色々なサービスを上手に取り入れてみてくださいね。

では、今日も心地よい暮らしを!

subsclife(サブスクライフ)