家具

北欧家具の初級編
−知っておきたい3つのブランドと代表作−

いまだ人気の衰えない北欧家具。

 

わたしが北欧デザインというものに触れたのは
枻(エイ)出版社が発刊していた  北欧スタイル
という雑誌を手にしてからでした。

 

北欧スタイルは2002年にNo.1が創刊されて、
2019年2月現在、
No.22(2017年3月発刊) までが発売されています。

 

北欧スタイルNo.1発売当初はまだあまり知られていなかった
「北欧デザイン・北欧家具」でしたが、
またたく間に日本中に認知されて、
今ではブーム通り越して
一つのインテリアスタイルに君臨していますね。

 

ブームに終わらず
定番として愛されてきた背景には、
北欧家具やインテリアのデザインが優れていただけではなくて、
品質の良さも評価されたのだと感じています。

 

そんなデザイン・品質ともに優れている北欧家具の中でも
まずはじめに知っておきたいブランドを3つと、
それぞれのブランドのアイコンとも言うべき、
代表作をご紹介します。

 

FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)

 

北欧ブランドとアイコン家具

出典:FRITZ HANSEN 公式ページ

 

このチェアたち、目にした事がある方も
多いのではないかと思います。

 

わたしの脳中で
北欧家具と言えば真っ先に思い浮かぶのが、
フリッツ・ハンセンのセブンチェアです。

北欧ブランドとアイコン家具

出典:FRITZ HANSEN 公式ページ

 

フリッツ・ハンセンはデンマークで
1972年に創業されました。

 

今日まで数々の名作家具を産み出していますが、
その中でも特に代表的な家具のひとつが
1955年に発表された、このセブンチェア。

デザインはアルネ・ヤコブセン(1902−1971)

 

セブンチェアはデザインの美しさだけではなく、
適度な背もたれのしなりや、
永く使える頑丈な構造など、
(挙げればキリがないほど)
こだわりは細部に光っています。

 

このチェアが好きすぎて、
話が長くなってしまいそうなので、
セブンチェアについてはまた別途、
掘り下げた内容を記事にしてみたいと思っています。

 

フリッツ・ハンセンの家具素晴らしいところは、
なんといっても耐久性に優れているところだと思います。

 

また、古いものに固執せず、
新しいものも、どんどん取り入れていくところが
この企業の強みだと感じています。

たくさんのデザイナーを起用していますし、
製品のカラーや素材バリエーションも多彩です。

 

セブンチェアに限らず、
フリッツ・ハンセンには
優れたデザインの家具やインテリアがたくさんあります。

日本国内だと、東京と大阪にショールームがあり、
全国各地に正規販売店も80店舗以上あるので、
直接見に行く事もしやすいと思います。

 

是非、一度触れてみてほしい家具ブランドです!

 

FRITZ HANSENの公式ページ
https://fritzhansen.com/ja-jp

 

FRITZ HANSEN 店舗・ショールームはこちら
https://fritzhansen.com/ja-JP/Find%20store

 

CARL HANSEN & SON (カール・ハンセン&サン)

 

北欧ブランドとアイコン家具

出典:CARL HANSEN & SON 公式ページ

 

この特徴的な背もたれのチェア、
背の中心部分にあるYの形が印象的ですね。

カール・ハンセン&サンの不動の代表作と言える家具
CH24 、通称Yチェアです。

デザインはハンスJ.ウェグナー。

 

北欧ブランドとアイコン家具

出典:CARL HANSEN & SON 公式ページ

 

この・・・美しいフォルム・・・

ため息ものです。

 

座面はペーパーコードと呼ばれる
紙素材で出来ています。

 

また、背もたれや脚など木の部分は
ソープフィニッシュという仕上げのタイプがあるのですが、
これがサラッとしたなめらかな手触りを実現しています。

ソープフィニッシュとは、その名のとおり
石鹸を木の表面に塗り込む仕上げです。

 

自分でメンテナンスをする事ができるので、
愛着がどんどん湧いてきますよ。

スニーカーの手入れが好き!とか、
DIY好きの方にも楽しめる家具だと思います。

 

ちなみに座面のペーパーコードの部分など
職人でないと難しいところの修理は、
カール・ハンセン&サンジャパンの
商品管理部に問い合わせれば対応してくれます。

 

カール・ハンセン&サンジャパン 修理について
https://www.shop.carlhansen.jp/maintenance_top/

 

カール・ハンセン&サンは、
創業100年以上の歴史ある家具ブランド。

1908年デンマーク・オーデンセに
創業者のカール・ハンセンが工房を構えたのが始まりでした。

 

今日まで丁寧 な手仕事を怠らずにしてきたのが
この動画からも伺えます。

 

出典:カール・ハンセン&サン

 

日本の木工技術とも、通じるものがありそうですね。

 

CARL HANSEN & SON 公式ページ
https://www.shop.carlhansen.jp/

 

artek(アルテック)

 

北欧ブランドとアイコン家具

出典:artek 公式ページ

 

アルテックの創業は1935年。
フィンランドのヘルシンキで設立されました。

 

アルテックの公式ページに
その社名の由来が記載されていましたので、
下記引用します

 

アルテックという社名は
「アート(芸術)」と「テクノロジー(技術)」という
1920年代に沸き起こった国際的なモダニズム運動の
キーワードを掛け合わせた造語です
モダニズム運動の旗手の一人、
ウォルター・グロピウスは「芸術とテクノロジーの統合
という有名な言葉を1923年に残しています。
モダニズムが目指したのはこれら2つの領域を融合させ、
新たな実を結ぶことでした。
テクノロジーはアートを取り入れることで洗練されたものとなり、
アートはテクノロジーの力で機能的で実用的なものになると信じていました。
アルテックの創業者たちも同じ思いを社名に込めたのです。

引用元:artek 公式ページ アルテックとは

 

 

めっちゃかっこよくないですか!?

 

また、アルテックには、
マニフェストと呼ばれる創業宣言の図解があります。

文化的・商業的なプロジェクトがブレないように、
しっかりとしたガイドラインを設けたそうです。

ビジネスとしての成功と、
ビジョンを実現するための確固たる意気込みを感じます。

 

そうして生まれていったアルテックの家具たちは、
今でも全く色あせないデザインとなって
世に羽ばたいています。

 

あなたはこのスツール、
目にした事ありませんか?

北欧ブランドとアイコン家具

出典:artek 公式ページ

 

スツール60

デザインは、
創業者の一人でもあるアルヴァ・アアルト。

 

これ以上ないシンプルさ。
このスツールはスタック(積み重ね)
ができるようにデザインされています。

北欧ブランドとアイコン家具

出典:artek 公式ページ

スタックしても美しいですね。

 

スツールとしてだけではなく、
サイドテーブルとしても使用できます。
シンプルだからこそ、
多様な使い方ができるというワケですね。

 

信念を掲げて立ち上がった家具ブランド、アルテックは、
描いたビジョンのとおり、今は世界中で愛されています。

artek 公式ページ
https://www.artek.fi/jp/

 

まとめ

 

今回の記事は、ちょっと熱っぽく語ってしまいました。

まとめると

・フリッツ・ハンセンは、耐久性とデザイン性を兼ね備えたブランド。
    アイコン家具はセブンチェア

・カール・ハンセン&サンは、手仕事を大事に積み重ねてきた良質ブランド。
    アイコン家具はYチェア

・アルテックは、アートとテクノロジーの融合を家具をとおして伝えたブランド。
    アイコンはスツール60

 

そして、ここで少しお伝えしたいのは、
リプロダクト(コピー)品について。

今回紹介したブランドの家具たちは、
有名になってしまったがために、コピー品がたくさん製造・販売されています。

これはとても悲しい事です。
今回私が紹介したような、歴史や企業の信念、積み重ねた技術をすっとばして、
形だけを模造した製品が世に出回っているのです。

 

どんなものを買うか、お金をどう使うかは、
個人の自由ですが、
こういったブランドの背景を知っていると、
リプロダクト品が生まれていることや、
そしてそれを購入する人がいることを悲しく思います。

 

正規品の良さや、
その価格設定の背景にブランドの
どんな努力があるのかを知ってほしいな、と願っています。

 

では、今日も心地よい暮らしを!

 

1980年生まれ 沖縄出身/東京在住 |ブツ撮りが得意 |好きなものはパンとコーヒー